利用型探査について

Category: 制作  


利用型探査は相手のヘルパーを奪い、selfstateで元に戻す。
次のフレームでまた奪って、selfstateで元に戻す。

この手順を繰り返して、相手のヘルパーに相手のステートを
片っ端から読み込ませていく技術だと思います。
これをすることで相手の未使用ステートなどを調べることができます。

探査をするには、探査に使うヘルパーを監視している混線ヘルパーに
探査ヘルパーを制御する変数を入れる必要があります。

罠となるステートの回避も重要となっています。

また、取得した相手のステートが超即死ステートや蘇生、凍結解除のような
大量のnullを使うステート(ステコンオーバーフローステート)の場合

それに気が付かずに相手をそのステートに飛ばすと
ステコンオーバーフローエラー(512エラーやループエラー)を起こします。

故に、取得した相手のステートがステコンオーバーフローステートかどうか
を判断する(もしそうであれば回避する)ことが重要です。

・探査だとこの辺りは回避しなければならない
超即死
凍結解除
PalNo変動
蘇生

・探査の時これはどう頑張っても回避不可なもの
消去召喚
何も無いNullステ
無条件2500ループ
AnimElemTime(0)
空アニメ

スポンサーサイト

 2016_09_25

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

speldy

Author:speldy
まだ未熟でIN率は少なくなると思いますが、制作ができるようにと頑張っていこうと思います。

最新トラックバック

訪問者カウンター


現在の閲覧者数:

フリーエリア

花咲サノバスプリングキャンペーン開催中!

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


B
A
C
K

T
O

T
O
P